【Identity Ⅴ】キャンプは強い?対策方法まとめ

スポンサーリンク

Identity Ⅴ(アイデンティティ5)をやっているとチャットなんかでよく「キャンプ」「キャンパー」という言葉を耳にしたことがあると思います。

今回は「キャンプ」の意味と所感を書いていこうと思います。

 

キャンプ(キャンパー)とは

「キャンプ」とは、ハンターがサバイバーを捕獲した後、ロケットチェアの前で待機することです。戦法の一つであり、これをやるハンターは「キャンパー」と呼ばれます。

ちなみにキャンパーは嫌われることが多いです。おそらくチャットを見ていても否定的な意見が飛び交うところを見かけると思います。

キャンパーは何故嫌われる?

キャンパーが嫌われる原因は、捕まったサバイバー側が「つまらない」と感じるからだと思います。

ロケットチェア前に居座られることでサバイバー側は迂闊に近づけず、捕まった味方の救助は容易ではありません。

救助しようとして失敗すれば自分が捕まりますし、例えロケットチェアから解放できたとしても追いかけられて再度捕まってしまう可能性が高いです。

はっきり言って、キャンパー相手に味方を救助することはサバイバーにとってハイリスクローリターンです。それ故に、捕まったサバイバーにとっては憎き存在として見られるのだと思います。

キャンパーは強い?

ではキャンプすることがハンターの必勝法かというと、そうではありません。上級者のサバイバーともなればキャンパー対策は熟知しており、あっさり突破されてしまいます。

初心者サバイバーならばキャンプも有効です。しかしでキャンプで勝てなくなったのなら、主に以下の方法で対策を練られている可能性が高いです。

キャンパーの対策

基本的に「暗号解読を進める」しかありません。ハンターがサバイバー1人に釘付けということは、他のサバイバーは自由に動き回り放題です。

さっさと暗号解読を進めて脱出ゲートを開けてしまうのが、キャンパーにとって最大の脅威であり弱点でもあります。

それでもキャンパーを掻い潜って味方を救助したいのなら、「空軍」や「オフェンス」などハンターを怯ませることが可能なキャラを使うのがおすすめです。

サバイバー総出でハンターを撹乱し、ハンターを怯ませて救助と撤退を行うのが理想です。ただ、野良でのマッチングではそこまでの連携を取るのは難しいのが難点です。

まとめ

キャンパーは初心者相手には通用する戦法ですが、ランクが上がるにつれて勝利できなくなってきます。

ハンター側はロケットチェアを警戒しつつ巡回するように、サバイバー側は解読を進めるなど対策を怠らないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

コメント